2012年8月10日 金曜日

「賃貸仲介店長の社員教育とは!」
をテーマとして行いました。

講演者のフェイスブックより抜粋
「いい人」

この業界に入り、十数年にわたり数百人の店長をおそらくは見てきたと思いますが、間違いなく言える法則があります。

■社員から「○○店長はいい人」と言われる店長で、売上が上がる店長であったためしはない

ということです。社員に対して、言いにくいことを言えない、または妥協して言ってしまう店長ははっきり言って「ダメ店長」

私も過去に現場店長だった頃、「厳しいけれど必要なことを言った結果、社員が全員辞めてしまっても、自分一人で死ぬほど働いて店を守ればいい」
と覚悟を決め、吹っ切れた瞬間に急に業績が上がるようになりました。

その覚悟を持てず、社員に気を遣ってばかりいたときは、自分の気持ちとは裏腹に社員はどんどん退職していきました。

覚悟を決めて、ぶれないマネジメントが出来るようになったら、逆に社員は辞めず育つようになりました。

店長は孤独、社員から見て「いい人」である必要は全くありません。
言わなければならないことを、妥協なく言うことが職責です。