2012年10月15日 月曜日

☆試験中における心構え
分からない問題はサッサと飛ばして次にいくことです。
もう始まってしまったら、自分が出来ることをやるしかありません。分からないことが分かるようになるわけではないのです。
模擬試験練習中に身に付けた自分なりのペース配分を守り、マークシートの記入を間違えたりしないように気をつけながら全力を尽くしましょう。
分からない問題があっても気にしない。最後はカンで埋めるだけですから。頑張った人にはご褒美得点がきっとあるに違いありません

☆一番やってはいけないこと
マークシートの罠でありがちですが、回答4番が4回連続で続くからこの答えは怪しいのではないか、などと確実に分かって解いた問題をマークシートの並びのせいで勝手に変えないこと。
…これって心理的な話ですが、けっこうありえる上にやりがちだと思われます。
同じ番号の回答が続きすぎるから、ちょっと散らしておこうか?などと考えるのは愚の骨頂です。分かって解いた問題には自信を持ちましょう。
回答が4回程度ならば同じ列に並ぶことは充分あり得ます。大事なことは自分が解けたということです。