2012年10月20日 土曜日

1.本番では時間的に余裕を持って試験場に入ること
 試験場には余裕を持って入りましょう。遅くとも試験開始の一時間前には試験場に入りたいですね。遠方から出かける場合は前日に必ず試験会場の場所までの行き方を確認しておいた方がよいでしょう。会場のお手洗いの場所を確認して早めに用を足しておきます。

2.試験問題は自分の得意な分野から解くこと
 試験問題は50問ありますが、必ずしも1問目から順に解く必要はありません。不得意な分野から解くと自信を無くして悪影響が出る恐れがあるので、得意分野から解くのが良いと思います。

3.自分は宅建試験に合格出来ると信じていること
 宅建試験を受験するからには、自分は必ず宅建試験に合格するという強い信念を持って今日まで学習されてきたでしょう。思考は強く念じて行動すると、潜在意識に引き渡されて牽引の作用が働き、現実化すると言われています。